スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.10.04 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

戸円海岸

まだ、続いていました



湯湾岳を後にし、海沿いをドライブしながらの帰り道


やっぱシメは、あれだよね



海沿いを、ずーッと走ってたら

海に入りたくなっちゃうよね〜




途中、泳げそうなところで車を止めて

洋服のまま、海にダイブ〜〜〜したのは


戸円(とえん)海岸











今日は、波が穏やかだったけど

自然に波に削られたであろう

不思議な形の岩がたくさんありました。



ここでは、サーフィンする人も多いみたい。



海に来たときの、1号のはしゃぎッぷりは

異常だな・・・・





楽しかったです



                          おわり


湯湾岳

奄美で一番高い山 と聞いていたので

一度は行ってみたいな

と思っていた所。


湯湾岳




でも、山道に入ったとたん









けっこうながけ崩れ






山道は気をつけないとね










さすが、冬には雪が降ることもあるっていう場所だけあり

すずし〜〜い 




標高480mの展望台まで登ってみました







足元には、未確認生物(かあさん的に)がうじゃうじゃ

ひょぉ〜〜〜



展望台からは

奄美の山々が、360度見渡せます


 

山に登るにつれ、天気が悪くなっていったので

景色はイマイチですが


雲が、ものすごく近かった






東京は暑そうですね

奄美のほうが、涼しいんじゃないかな

熱中症には、十分お気をつけください



                   つづく

アランガチの滝

フツーに帰れば、3〜40分かからないのに
直帰を希望する家族の意思に反し
逆方向へ暴走  

  「宇検のほうの海が見たいんだよね〜」



 「え〜〜〜〜!」




こうなったら仕方ない

地図をながめながら

ここぞとばかりに、行きたいところを探すかあさん






ここだ!
アランガチの滝


以前、大和村のマテリアの滝へ行ったけど

そこは、小さな滝でとても神秘的なところだった


アランガチの滝は










画像じゃわかりにくいけど

かなりの高さがあって、勢いもあってすごい!!



すごくひんやりとしていて涼しくて

すごく癒される場所でした






脇のほうの水路にも

山からの水ががんがん流れていて



 

流れがすごく速い

両足つっこんだら、スライダープールみたいに流されそうだから

片足ずつね


すっごく冷たくて、気持ちよかった〜




かあさんのお気に入りNo.1の場所だな





  つづく




                                
              


マングローブパーク

お盆なのでスイミングがお休み

珍しく、家族で休みがそろったので

かあさんの希望で

マングローブパークへ行くことに





市街地を少し離れただけなのに

がぜん緑が多くなってる


気持ちいい



そしてマングローブパークへ到着





今回のメインは




展示室の奥にある茶色い壁

の水槽

ここに、奄美の3大カエル

アマミハナサキガエル
オットンガエル
イシカワガエル

が、展示されていて

これが見たくて行ってきた

子供達にも見て、区別が出来るようになってほしくって




アマミハナサキガエル



イシカワガエル


残念ながら、オットンガエルは岩かげに隠れたまま
出てきてくれないので、撮影NG



子供達は、カエルがピクリとも動かないことにばかり感心してた



他にもアマミノクロウサギや



アカショウビンなんかの



ハクセイが展示されていて


島にいながらも、市街地ではばったり会うことは無いので

よ〜〜く観察してきました


アマミノクロウサギのハクセイには
さわっていいよ〜って書いてあったので
さわってみたら、予想よりも毛がやわらかくって
きもちいい〜〜〜〜



何度も何度も、なでなでしてきました


展示室を出て、パーク内を散策してきたけど



ケーブルカーが故障してるのか

展望台に行かれなくって残念

いつになったら行かれるかね


特別楽しいものは無いんだけど
ちっちゃなことに、いちいち盛り上がって
うちの子達は楽しそう





インテリ1号のテンションも上がりまくっていました






楽しかったねぇ〜



さて、この後とうさんの暴走により

なが〜〜〜〜〜い帰路につくのでした


                    つづく


 

舟こぎ

奄美祭り1日目は花火大会でしたが

2日目は、舟こぎ&八月踊りでした


仕事の帰りに、船こぎをちょこっと応援に・・・







みんな燃えています


この日はとても暑くて、しんどかったでしょうねぇ〜



お疲れ様でした


花火大会

稲刈りを終えて帰ってきた子供達は

もうぐったり

あまりにも疲れているようなので

その日の夜の花火大会は・・・


 「行くのやめようかぁ〜?」



 「行くぅ〜!!!!」





仕方ないので、

疲れた体にムチ打って

行ってきましたよ〜








 




子供たち、花火全く見てませんけど・・・


花火の前に屋台でやったくじ引きの景品で、
大盛り上がり


でもまぁ、絵日記のネタにはなるからいいか

ホノホシ☆ヤドリ



さて、古仁屋で用事を済ませ
せっかくここまできたんだから・・・・と
ホノホシ海岸とヤドリ浜の見学に向かいました自動車





ホノホシ海岸の駐車場に着くと・・・・?
海はどこ???〜♪




おそらくあの、アダンの林の向こうかと足
歩いていると・・・・
アレ?雨か??




違う!波しぶきだ!

まだ海は見えていないのにすごい波しぶき波



すんごい波が荒いんど〜!
upこの、砂浜のように見える部分は
実は全部<石>。






ここはあまりにも波の力が強いため、
どの石も削られて削られて小さく小さく丸くなっていくそうです。

何十年も前から・・・それ以上前から
ずーっとずーっと、この荒い波が
石を転がして丸い石が出来上がるんですね。




その反対側のヤドリ浜へ行ってみると
コチラはうって変わって
穏やか〜〜〜〜〜〜〜〜♪キラキラ






ここは、海がめが産卵にやってくるそうですカメ
だけあって、海も浜もすごくきれいきらきら

とうさんと2号が貝拾いをしている間
この穏やかな海と
と〜っても広い空を眺めて
リフレッシュしたかあさんでしたkyu

奄美ツアー3

またまた、続きです花


さて、奄美大島最北端まで行ったことだし
あとは、反対側の海沿いを通って
市街地に戻りますかkyu


参考マップ(奄美大島探検マップ)backクリック



右手に荒々しい海を眺めながら
しばらく、観光するようなトコはないかな・・・・

自動車と、走っていると・・・・


「あれなんですか〜〜〜っ!!」


どうやら、Kちゃんが気になるものを見つけたらしい・・・。



遠くの山の上に、なにやら怪しい建物が・・・・。

少し走ると・・・

next蒲生崎展望台の看板が・・・。



とうさんふーん 「行く・・・・?」



はいっ!!!


と、いうことで怪しい看板を頼りに
怪しい林道を通ってたどり着きました音符





蒲生崎観光公園の中には、野鳥観察園や芝生広場があり
その奥に展望所がありました。

こんなトコがあるなんて知りませんでしたあははー









蒲生崎は、今から800年前、
奄美に流れ着いた平家の落人「平有盛」が、
その家臣「蒲生左衛門」らに追手を見張らせた場所と言われるそうです。


さすがに、展望所からの眺めは絶景でしたキラキラ





その後、かがんばなトンネルや安木屋場ソテツ
1号の通うあしけぶ小学校や、大熊展望台を観光し、
最後は、あきつで特別メニューのおもてなし花

あ、特別メニューって普通の家庭料理ですkyu

あきつでフツーのご飯が食べられるなんて特別ハート



かあさん的には楽しい一日でしたきらきら

これからも、もっと奄美を見てまわりたいなハート






ねぇ。とうさん・・・・・・・・。















奄美ツアー2

前回の続きですハイビスカス


さてさて、時間はもう午後1時。

奄美大島は、いがいと広く自動車車で回っても
けっこう時間がかかりますkyu



参考マップbackクリック <奄美大島探検マップ>


とりあえず、南へ向かうと移動だけで日が暮れてしまうので
北部の笠利方面へGOGO!




サトウキビ畑の間を、自動車走りぬけ・・・・






あやまる岬に到着ぅムキャー!


あやまる岬の展望所に、行こうと小道を歩いていると・・・・・

ギャーーーーーどんっ

ヤドカリ大発生!!

どうやら、ヤドカリはアダンの実が大好物らしいハート

ボトボト落ちているアダンの実の周りに
ものすごい数のヤドカリ君たちがビックリ





こんな色のもいました花
顔は出してくれませんでしたけど・・・。




up下の展望所から景色を眺めたあと、
さらに上の展望所に行こうとしたら・・・・



雨もんのすごいスコール!!


この日は、スコールが激しくって。

幸い、最強のおてんき晴れ女が一緒だったので
車での移動中はあめ雨ですが、車を降りると
おてんきピカーーーンと晴れきらきら


ただ、このあやまる岬の上の展望所のときだけは
展望どころではありませんでしたがね。


あきらめてさらに北へ・・・・自動車

奄美大島最北端の灯台へ行くため
北へ、北へ、がんがん北へ走っていると・・・・



キキーーーーーーッどんっ














へ?

行き止まり・・・・?







と、思ったら・・・











脇に、細〜い階段が・・・。



これ、のぼるんですか・・・・・どこも



かあさん以外はみんな張り切っている様子なので
しぶしぶついていく事に・・・・kyu









急な階段が続くと思われたけど
わりとゆるやかな登りに・・・。











途中、かわいい滝があったり










振り返ると絶景だったりして。



すぐ灯台までたどり着きましたヤッタv






お〜。

車があんな下に!




あんな風に、不自然に道がなくなってるんですね・・・ビックリ








水平線が360度・・・300度くらい見渡せて
すばらしい景色でした!




あ〜。奄美最北端の地は<笠利崎>です花





またまた続く・・・・・










奄美をドライブ

今日は、ちょっと肌寒い1日でしたkyuブルブル

とはいっても、26℃くらいはあったようですが
ここ数日、蒸し暑い日が続いたので
寒く感じました汗





今日は、老人保健施設 秋名の郷へ
大きいおばあちゃんに会いに行きましたおはな




自宅にいるときよりもずっと元気そうで
笑顔でしたキャーハート

施設の目の前は、海なので眺めもよかったですグリーン







その後は、ドライブがてらぐるっと遠回りして
海ぞいを走って帰りました自動車プシュー



今日は、ちょっと波が激しいですね水瓶座



その途中、義母が・・・

「この先に、とっても短いトンネルがあるんだよ。何ていったかなぁ?」


男(1号) 「あぁ!29辰離肇鵐優襪諭」


てれちゃうえーーーーーー!!なんでそんなの知ってるの?



と、思いつつ走っていると・・・・・


ほんとに見えてきたムキャー!





鏡崎(かかんばな)トンネル。


「かがんばなトンネル」は、奄美大島龍郷町の円集落と嘉渡集落の間の
「鏡崎(かがんばな)」に1998年に開通した、
全長29mの奄美で最も短いトンネルです。



このかがんばなトンネルに、春分の日と秋分の日の前後、
夕日がすっぽり入る現象が、
今奄美のホットな話題になっているんですよ〜ムキャー!


今シーズンは新聞等で紹介されたとあって
土日には100名以上の見物客が見に来たそうですよ。


100人以上ってたいしたことないかと思うでしょうが、



こんな、人っこ一人、車1台走っていないようなところですからね・・・。
 (あ・・・1台いた・・・)

すごいですよ花




天気や、雲の状態によってきれいに見れるかどうかは
そのときにならないとわからないので
そのシーズンになると、見れるまで毎日通う方も
いるんでしょうね。

かあさんも、1度は見たいッムキャー!



その龍眼現象ですdown





オオッ!!拍手






ひたすら、海岸沿いを走ると
懐かし〜いポストが・・・ポスト






てか、なんで郵便局に西郷さん????

と思っていたら、この近くに西郷さんの家があったらしいです。
一緒にいるのは、現地妻の愛加那ちゃんですかね?







と、この辺で子供たちは

はらへった〜!腹へった〜!
と大騒ぎなので、急いで家路に・・・自動車プシュー



夜は、今年初の花火を花火をして

ガジュマル3兄弟はおばあちゃん家へお泊りZZZ



してました音符

| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

奄美・沖縄の店 ガジュマル

ガジュマルバナー1
ガジュマルとうさんの
お店です!

創作料理 あきつ



鹿児島県奄美市名瀬仲勝にて営業中
他では食べることのできない、島の素材を中心とした創作料理の店

完全予約制です
お問い合わせ   0997-54-7830

芦花部小中学校PTAブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode